ピアノdeクボタメソッド

2歳さんからのレッスン

《2歳〜5歳までのレッスン》
ピアノdeクボタメソッドとは
先生の弾く指と鍵盤の位置を見て、音を聴いて、それをマネして弾くだけ。
それにより、ワーキングメモリー(短期記憶)が鍛えられ、脳(=前頭前野)は大きく育ちます。
ピアノdeクボタメソッドは、ピアノを使って脳を育てるまったく新しいピアノレッスンです。

☆レッスン中は覚え、終わったら忘れてもいいという暗記レッスンを繰り返すことでワーキングメモリーが鍛えられ、脳は発達します。それだけで、脳の神経回路は密になり、前頭前野は育ちます。

☆ピアノのレッスンは、「脳の運動連合野、聴覚野、視覚野の処理能力を早くする」(久保田競先生談)ため、聞く力、話す力を高める効果があり、国語力、外国語の学習能力が育つことも明らかになっています。
「練習はしなくていい」「宿題は出ない」「家にピアノがなくてもよい」「毎日やらなくても、週1回でも効果がある」。
既存のピアノレッスンとは違うレッスンです。
それでも、気がつけば曲が弾けるようになり、記憶力もよくなるのが「ピアノdeクボタメソッド」です。

☆脳の85パーセントは5才までに完成するといわれています。
とくに、2才、3才が脳の成長の黄金期です。指で物をつまめて、鍵盤を指で叩けるようになったら、ピアノdeクボタメソッドの始めどきです。

☆ピアノdeクボタメソッドを始めると、どんどん集中力がつき、落ち着いて座っていられるようになります。それは、前頭前野が育っている証拠です。
人間が考え、決断し、行動する。
すべてを担っているのが前頭前野です。
他の動物にくらべて人間が圧倒的に賢いのは、この前頭前野が発達しているからだといわれています。
クボタメソッドは、この前頭前野を鍛え、地頭のいい子を育てるメソッドです。

【 30分✖️月3回     ¥7700 】

🔸体験レッスン受付中🔸